代表メッセージ|株式会社スポーツフィールド
SportsField

TOP MESSAGE

代表取締役
代表取締役

株式会社スポーツフィールド 代表取締役

Shinozaki Katsushi 篠崎克志

スポーツフィールドの今後の展開について

私たちは、創業以来「スポーツが持つ可能性を様々なフィールドで発揮する」を理念に掲げ、体育会に所属している学生や、スポーツ経験のある社会人、いわゆるスポーツ人財の採用・就職支援を行ってまいりました。
スポーツを通じて育まれる目標を設定し、達成していく力、互いの役割や違いを尊重し合いながら、チームで成長し続けていく姿、私たちはそんなスポーツ人財の素晴らしさを広く世の中に伝えたい。その想いを胸に人財や各企業のご担当者様一人ひとりと真摯に向き合い、「心」の通った「人財ビジネス」を展開しております。
企業の成長・発展や人財の人生に対する想いをしっかりと受け止め、相手の期待を遥かに超えた支援をすること。その結果、感動を生み出すこと。私たちはスポーツの価値を高め、スポーツが持つ可能性を様々なフィールドへ拡げていくことが使命だと考えております。
スポーツの価値が社会のいたるところで発揮されることを目指すとともに、令和のスポーツカンパニーとして、事業の発展を通じて社会に貢献してまいります。

社長

経営理念について

「全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に」という文節は、全従業員が幸せだと思える企業、仕事をしていることを家族、友人などに誇りに思えると言える企業を作るという想いを表現しています。完璧な会社は世の中にないと思いますが完璧がないから仕方ないではなく、常に良い会社とは何か、前述から申し上げた幸せな会社、誇れる会社とは何かを考え、改善し、追求してくことが大切であると考えおります。
「スポーツが持つ可能性を様々なフィールドで発揮し、個人、法人、地域社会そして日本の発展に貢献すること」という文節については、私たちは「スポーツ」をキーワードに事業を多角的に展開し、スポーツの価値を高め、可能性を拡げる会社でありたいという想いと事業を通し、個人、法人、地域社会の発展に寄与し、日本の発展に貢献する企業でありたいという想いを表現しております。

  経営理念

行動指針について

当社では、経営理念やビジョンを実現していくために10の行動指針を示しております。これらは、当社で活躍する人財になるために必要なことではなく、広く一般社会で活躍できる人財になるために必要なことは何か、という観点で創業時に制定いたしました。
また、人財事業は、人の人生に大きな影響を与える仕事だからこそ、当社役職員の一人ひとりがこの行動指針を体現していくことが不可欠であると考えております。

行動指針

就活生に向けて「採用メッセージ」

新卒での就職活動は人生で一度の大切な活動です。
社会人となったはじめの数年間、どのような環境で働くかはその後のキャリアを大きく左右すると言っても過言ではありません。
自分自身が5年後、10年後に仕事・プライベートでどのような人生を歩んでいたいのかを考え抜き、就活をしていただきたいと思います。 また、どれだけ良い会社に入ったとしても、自分自身が仕事と真剣に向き合い本気になって仕事に打ち込まなければ仕事を好きになることはありません。 スポーツと同様、目標を持ち、本気で打ち込むからこそ充実感や達成感を得られるのではないでしょうか。
自分の可能性を信じ、常に夢、目標に向かい挑戦し続けましょう!

  社長
ROOKIES ENTRY
CAREERS ENTRY
ENGINEER ENTRY
PEOPLE WITH DISABILITIES